2014年6月6日金曜日

明日、初イベント「留学生との交流ランチ会」開催します!

逐家好!
仙台台湾朋友会です。

明日、仙台台湾朋友会として初めてのイベントを開催します。

台湾人留学生台湾好き日本人の交流のためのランチ会です。

ただ、本来ならば多くの人に参加していただきたいところ恐縮なのですが、
初めてのイベントとなるため、どんなものになるのか試しにやってみたいのです。
今回は参加者の募集はせず、ごく少人数のささやかな集りにさせていただきます。

やってみて上手くいきそうな感じがしたら、
次回はもっと告知して、少しでも多くの人が参加できるようにします。

今回は参加者は募集しませんが、
気になる人はイベント開催時間にお店にお客さんとして来て、覗いて下さい(笑)

以下、イベントの詳細です。


【日時】 平成26年6月7日(土) 午前11時30分~(2時間程度)

【場所】 薩摩黒家

【会費】 食事代のみ(ランチセットは900円くらい)



【補足】 なぜ仙台台湾なのに薩摩か?

     台湾と薩摩(鹿児島)は歴史的に見ても深いつながりがあるからです!


西郷と聞けば、薩摩(鹿児島)を思い浮かべる人がほとんどでしょう。台湾東部の宜蘭という町に、西郷どんの記念碑があります。この西郷どんは、西郷隆盛ではなくて、息子の西郷菊次郎のことです。なぜ台湾に西郷どんの記念碑があるかというと、西郷菊次郎がかつて宜蘭の行政のトップだったからです。



宜蘭の人たちは、宜蘭の歴史と西郷菊次郎の業績を後世に語り継ぐため、今でも記念碑を守り続けてくれているのです。



ちなみに、日本統治時代の台湾には鹿児島県人が多かったという事実が! 
鹿児島ダントツです! 
九州勢が圧倒的強さを誇る中で、宮城県も11番目に入り大健闘!
東京を除けば、宮城が東日本で一番ですよ!
宮城もなかなかやりますね! 


参考図書:簡月真 『台湾に渡った日本語の姿 ―リンガフランカとしての姿―』 明治書院

参考サイト:https://www.facebook.com/kagoshima.tw

0 件のコメント:

コメントを投稿