2014年7月28日月曜日

8月31日まで開館は午前中のみ! 池上文庫へ行く人は気をつけてください!

仙臺臺灣朋友會你好~!

土日に張り切ると月曜が辛いですね~。

今回は高雄へ行ってきました。

高雄からローカル線で1時間くらいのところに、竹田という駅があります。

その駅前に、池上文庫という日本書籍の図書館があるのをご存知ですか?

図書館の由来などはここでは割愛しますが、小さいながら立派な建物です。



池上文庫に行けば日本語世代のお年寄りから話を伺えるかもしれないと思い、

行ってみたのです。するとなんと!



7月8月は午前中しか開館しないそうです。私が池上文庫へ到着したのが12時45分頃。

一本前の電車に乗っていれば、間に合いましたね~。

10時01分高雄発の電車に乗れば、10時58分に竹田着です。

これを逃すと午前中に竹田に着く電車はありません。

7月8月に池上文庫へお越しの方は、くれぐれも午前中に!

せっかく来たので、窓越しに内部を撮影。



気を取り直して、池上文庫周辺を散策。

かつての竹田駅の駅舎が残っていました。

中は客家文化を紹介する展示と売店になっていました。

竹田周辺は客家人がたくさん住んでいるようですね。



駅舎の奥にはこんな建物が。中にはなにがあるのでしょうか。



なんと、中はこのようになっていました。



池上文庫の隣の古い倉庫の中では、

地域の文化を紹介する展示をしています。



中にはこんな展示も。昔の人が日本語で書いた手紙です。


竹田はローカル線しか止まらない小さな駅ですが、

駅前には見どころがいっぱい。

次の電車が来るまで十分楽しめます。

高雄から行くのは簡単です。是非足を運んでみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿