2014年7月10日木曜日

異文化の中に日本的なものを見出す! 麻豆代天府のパレード!

仙臺臺灣朋友會你好~!

先日、麻豆に行った時に、麻豆代天府という大きな廟に立ち寄りました。

その時、ド派手なパレードに遭遇しました。

大型バスからぞろぞろ人が降りてきたかと思ったら、

その人たちが銅鑼をジャンジャンならしながらパレードをし始めたではありませんか。

詳しくはわかりませんが、この廟の信徒たちが舞などを奉納するようなものらしいです。

神輿も登場しましたが、不思議なもので日本と違って掛け声は一切ありませんでした。

神様が練り歩く様子は、ちょっと沖縄っぽいですね。

沖縄の場合、琉球王朝時代に閩(福建)からたくさん人が来て定着しているので、

その点では台湾に似ていて当然ですね。石敢當もありますしね。

今回は台湾の文化に直に触れるいい機会になりました。

異文化の中に日本的なものを発見すると、なんだか嬉しくなりますね。









0 件のコメント:

コメントを投稿