2014年7月31日木曜日

美濃で客家文化を体験し、客家料理に舌鼓を打つ!

仙臺臺灣朋友會你好~~!!

みなさんは、「客家」(はっか)という人々をご存知ですか?

漢民族の一部とされているため、客家族とはいいませんが、

一般的な漢民族とは異なる言語・文化を持っているエスニックグループです。

台湾の人口の1割強は客家人だと言われています。

南部の美濃という町は、台湾でも有名な客家人の町です。

客家のシンボルカラーといえば、やはり藍色でしょう。

傘や民族衣装の青が美しいです。







この古墳のようなものは、土地の神様を祭ったもののようです。



昔、日本人が橋を架けたそうで、そのことが記念碑に書かれています。

すれ違うのが難しいくらい狭い橋ですが、当時は橋はありがたい存在だったのでしょう。





美濃の名物、東門樓は、現在改修工事中でした。残念!




客家文物館は、客家文化を知ることができる素晴らしい博物館です。

博物館前の売店で、土曜日のみ働いているこの方。

日本の大学に留学経験があり、日本語ペラペラです。

客家文物館へ行くなら是非土曜日に!



美濃に来たら、客家料理を食べましょう! 美味しいですよ!

こちらは客家麵料理の定番「板條」。お米の麵です。

ラオスのカオピアックセンに似ています。



生姜と大腸の酢炒め~! これは日本にはない味! うまい!

食べる時は、できるだけ息を吸わないようにして食べましょう。

酢が気管に入るとむせます(笑)



ピーナッツ豆腐です。鹿児島でいうところの「だっきしょおかべ」ですね。



豚肉を醤油で煮込んだもの。美味しくてごはんが進みます。

ただし、非常に脂っこいので食べ過ぎに注意です。



冬瓜の煮物。これはさっぱりしていて美味しい。



客家人の住居も、一般の台湾人のものとはだいぶ違いますね。





旅行者は美濃へはバスで来る場合がほとんどだと思います。

美濃のバスターミナルについたら、バスターミナルの隣にレンタサイクル屋があるので、

まず自転車を借りましょう。美濃は広範囲に観光名所が点在しており、徒歩では廻れません。

高雄からの日帰り客がほとんどのようで、宿泊施設も少ないですが、空いている可能性が高いので、宿に荷物を置いて自転車で廻るといいでしょう。

台湾に来たら、ぜひとも客家文化にも関心を持っていただけるとありがたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿