2014年8月29日金曜日

屏東線途中下車の旅 ~ 九曲堂駅 ~

こんにちは。仙台台湾朋友会です。

高雄に行ったら、屏東線沿線の途中下車の旅がおススメですが、

高雄に近いところで途中下車するのでしたら、九曲堂駅がいいですよ。

電車の車窓からも見えますが、九曲堂には日本人の業績を讃えた記念碑があります。

是非とも下車してじっくり見てみたいものですね。



飯田豊二技師は、高雄と屏東の間にある川に、

当時としては日本最長の鉄橋を架けた人物です。

記念碑には飯田技師の業績などが記されています。



車窓からも見えますが、奥の途中で途切れている鉄橋が、

かつて飯田技師が作ったものです。

この鉄橋ができたことにより、対岸の屏東から高雄へ鉄道での輸送が可能になりました。

屏東は農業地帯。それまではいくら農作物を作っても売る場所がありませんでした。

鉄橋ができ、高雄とつながったことにより大きな市場ができたばかりでなく、

高雄港からの水運も可能になったため、屏東の農業はたいへん潤ったのだとか。

竹田の米もその例ですね。

飯田技師の鉄橋は現在は使われていませんが、産業遺産として保存されています。



九曲堂駅周辺には、かつての製糖所が残っていたり、

朽ち果ててはいますが、日本家屋もたくさんあります。

これらが整備されれば、駅前は魅力的な観光地になるかもしれません。



次の電車まで時間をつぶすには十分です。

是非、屏東線に乗ったら、九曲堂駅で途中下車を。

0 件のコメント:

コメントを投稿