2014年8月9日土曜日

嘉義へ行ったら檜意森活村へ! 嘉義KANO棒球故事館があります!


晩安。仙臺臺灣朋友會です。

今日開幕するはずだった甲子園は、台風で順延だそうですね。

それなら、台湾から甲子園気分を盛り上げる情報を発信しましょう!

日本のみなさんは、台湾映画『KANO』はご存知ですか?

戦前の甲子園で準優勝したチームにまつわる物語が映画化されたものです。




嘉義市中心部に檜意森活村という観光地があります。

ここに映画『KANO』に関する展示をしている日本家屋があります。



名付けて「嘉義KANO棒球故事館」!



なるほど、「たま」=「たましい」なのですね! 言われて納得!



『KANO』は漫画化もされています。

多くの台湾人を感動させた高校球児の物語ですから、

全ての日本人に是非見てもらいたいです。



そもそも檜意森活村は、日本統治時代にここが檜の集積地だったことに由来します。

ここの売りはなんといっても日本家屋。

日本家屋に大勢の観光客がいる様子は圧巻ですよ!

日本ではちょっと想像がつかないかも知れませんが、

海外では日本家屋が立派な観光資源になります。



熱帯の植物に日本家屋って、すごくマッチしていると思いませんか?

私のセンスでは「あり」だと思います。かっこいいですよ。



猫神社まであります。野球好きだけでなく、

猫好きもぜひ檜意森活村へ!



台湾人は「KANO精神」という新しい価値を創造したのです。

私たち日本人もこの不撓不屈の「KANO精神」に習って精進していきましょう。



「KANO」のことを知っていれば、甲子園がおもしろくなること間違いなし!

あとは台風の被害がないことを祈ります。


0 件のコメント:

コメントを投稿