2015年1月30日金曜日

【インバウンド】 台湾人観光客は映画やドラマのロケ地にやって来る!

台湾人観光客は、映画やドラマのロケ地にやって来る!

インバウンドの勉強を始めた仙台台湾朋友会です。
先日参加したインバウンドの勉強会で、台湾人のパネリストが

「台湾人は映画やドラマのロケ地巡りが好き」
と言っていました。日本の大河ドラマなど台湾でも見られますから、
『篤姫』が流行った時は鹿児島に、『八重の桜』が流行った時は会津若松に、
台湾人観光客がたくさん来てくれたのです。

言い換えれば、台湾で観られる映画やドラマのロケ地が宮城や仙台にあれば、
台湾人観光客がたくさん来てくれるかもしれません。映画やドラマの撮影を誘致して、
それが台湾で放送されるように売り込めば、観光客の誘致にもつながるということです。
『マッサン』も台湾で放送されているでしょうから、ニッカウヰスキー仙台工場あたりに台湾人観光客が殺到する日が来るかもしれません。

ところで、仙台メディアテークで懐かしの台湾映画『 冬冬の夏休み(冬冬的假期)』を借りて、数年ぶりに観てみました。
苗栗の銅鑼という客家の町が映画の舞台です。
先日台湾に行ったとき、台中から電車で南庄へ行く途中、車窓からこの映画に出てくる日本家屋が見えました。次回は銅鑼で途中下車して、この町をじっくり見てみたいと思っています。
映画のロケ地巡りをしたいのは、日本人も台湾人も同じかもしれません。

台湾でお世話になった93歳のおじいちゃんがよく話題にしていた李香蘭のDVDも借りてみました。
李香蘭は、きっとおじいちゃんたちにとってはアイドルだったのでしょうね。


0 件のコメント:

コメントを投稿