2015年11月1日日曜日

屏東竹田・池上一郎博士文庫について

台湾には日本語書籍専門の図書館があります!

仙台台湾朋友会です。
しばらく台湾屏東からレポートします。

台湾に池上一郎博士文庫という日本語書籍専門の図書館があることは、
台湾通の日本人ならみんな知っていることですから、ここで多くは語りません。

来年1月は、池上一郎博士文庫の15周年記念式典が開催されます。
1月16日(土)の予定ですので、関心がある方はぜひお出でくださいね。



池上文庫には日本語の本がたくさんありますから、
様々な種類の本を読むことができます。

「行ったら閉まっていた・・・」という声をよく聞きます(当方も経験あり・・・)
開館曜日・時間を今一度ご確認ください。


池上一郎博士文庫 開館曜日・開館時間

開館曜日 火曜〜日曜 (月曜・祝日は休館)

開館時間 火曜〜金曜 9時30分~11時30分 14時~16時30分
        ※7月・8月の平日は午後休館
       土曜・日曜  9時30分~11時30分 (午後休館)





池上文庫では、本を借りることもできます。
きちんと返しに来れるならば、返却期限はありません。
日本語の本が読みたい人にとっては大変ありがたいです。

登記簿に以下の3つを記入するだけで借りることができます。
・借りたい本の名前
・氏名
・住所




池上文庫は、台鐵屏東線の竹田の駅前にあります。
屏東線が電化され、高雄方面から竹田に来るのが本当に楽になりました。
以前は使えなかったIC乗車券も使えますよ。



ところで、
池上文庫は日本人にはよく知られていますが、
台湾人にはほとんど知られていません。
「竹田」という地名もほとんどの台湾人が知りません。
屏東で台湾人に「竹田ってどこ??」って何度も聞かれました。
屏東の隣の隣の隣の隣の駅ですよ!!!!
仙台の人が仙山線の葛岡駅を知らないに等しいです。
この由々しき事態を何とかしなければいけません。

竹田駅周辺が観光地化され、駅前で様々なイベントが行われるようになりました。
イベントそのものは池上文庫とは関係ありませんが、竹田が有名になれば池上文庫のことを知って本を借りに来る台湾人が増えるかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿