2015年11月30日月曜日

台北の日本語デイサービス施設「玉蘭荘」を再訪しました!

玉蘭荘再訪!

今回ご紹介するのは、台北にある日本語デイサービス施設「玉蘭荘」です。
「玉蘭荘」については以前にもご紹介しましたが、今回再訪がかないました。
デイサービスといっても介護色は強くなく、高齢者が集まってみんなで活動する場です。
玉蘭荘のみなさんは、意欲的に日本語での活動に励んでいらっしゃいました。



玉蘭荘は教会が母体ですので、まずお祈りをしたり聖書を読んだり讃美歌を歌ったりする時間があります。これらは全て日本語です。
それから、昔の懐かしい歌を歌ったり、ゲストの講演があります。
この日のゲストは、旭日双光章受賞者の張文芳さんでした。




昼食後、午後は様々な活動を行います。
この日は2グループに分かれ、1つはクリスマス会に向けた歌の練習、
もう1つは、日本語で各自がテーマを決めて話しをするお話し会でした。

当方はお話会に混ぜていただきましたが、
みなさんの日本語のレベルの高いこと高いこと。
貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。

ある方から突然「あなた、教育勅語は言えますか?」と質問され、
「少ししか言えません」と答えると、
「ではこれで勉強しなさい」と、教育勅語のプリントを頂戴しました。
教育勅語を全部言えると、台湾の高齢者の方々があなたを見る目が変わりますよ!
台湾の高齢者の方々と関わる人にはぜひ教育勅語を学ばれることをオススメします。






こちらにいらっしゃる台湾の方々は、日本語で介護を望んでいるだけあって、
当然日本語のレベルが高いです。
ほとんどの方は、日本統治時代に日本へ留学するなどして、高等教育を受けています。
親の代から日本に行っていて日本生まれだという人もいました。
そういう人たちにとっては日本語が母語である言っても過言ではないと思います。

また、玉蘭荘には日本人の利用者さんもいらっしゃいます。
東京出身の96歳のおばあちゃんは、台湾人の旦那さんと結婚後台湾に来て、かれこれ70年以上も台湾に住んでいるとおっしゃっていました。
異国の地で日本語で介護を受けることができるのは、日本人にとっても本当にありがたいことですね。

台湾に日本語デイサービス施設があるということを、
ひとりでも多くの日本人に知ってほしいです。
また、日本の若い人が玉蘭荘のようなところでボランティアをする人が増えるといいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿