2015年12月17日木曜日

仙台のみなさん、台湾にも仙山線があるって知ってました??

仙台有仙山線、台灣也有仙山線。

深いい台湾情報をみなさんにお伝えする仙台台湾朋友会です。
さて、仙台のみなさんは一度くらいは仙山線に乗ったことがありますよね?
仙台⇔山形を結ぶあの電車です。

実は台湾にも仙山線があるってご存知ですか?
苗栗県の南庄というところに仙山線があります。



台湾の仙山線は、台湾好行という観光バス路線です。
南庄⇔仙山の2つの観光地をつないでいます。
終点の仙山靈洞宮には大きな廟があり、参拝する人はこの路線を利用します。
廟周辺には食堂やお土産物屋がたくさんあるので、時間はつぶせます。



仙山線に乗るなら、竹南という町まで電車で行って、台湾好行南庄線に乗りましょう。
このバスに乗る時、運転手さんに100元払うと、このような切符がもらえます。
どこにもそれらしき説明書きがありませんが、実はこの切符、
南庄線・仙山線・向天湖線という3つの観光バス路線の1日乗り放題チケットなのです!
バスを降りても捨てないでください。
何度でも使えます。もう一度乗車するとき、このチケットを見せればいいだけです。



南庄は客家人の街で、客家料理の食堂やお土産物屋、
日本統治時代の建物などが見られ、休日に人でごった返す人気の観光地です。
南庄については以前紹介していますので、今回は省略します。

さて、仙山線に乗るにあたって、何か面白そうなものはないか調べていましたら、
南庄の観光案内所の地図に、「神社」という地名を発見しました。
観光案内所の人に聞いたところ、昔の古い神社があるとのことでした。
行ってみましょう!



まず、仙山線で八卦力部落まで行き、原住民サイシャット族の部落を見学します。



このような原住民的な装飾の家があるくらいで、特に観光地化されているところはありません。
食堂などもありませんでした。



サイシャット族につたわる故事を紹介する看板がたくさんありました。



部落には吊り橋があります。吊り橋からの眺めです。



神社部落まで山を下ります。途中、こんな彫刻が立っていました。



景色はとてもいいです!



地図を見る限り、この郵便受けがあるところが、神社部落への分岐点のはずです。
部落までは郵便物を配達してもらえないのでしょうか?



分岐点にはこのような櫓が立っているのですぐわかると思います。



それで、ここから坂道を30分くらい上ったと思います。
地図上ではすぐ近くなのに、神社はおろか、部落が見当たりません。
一本道なので間違うことはないと思うのですが。
期待していた神社は発見できませんでした。

台湾の仙山線、いかがでしたか?
仙山線の他にも、南庄からは向天湖線という観光バス路線があり、
こちらは終点の向天湖まで行くと、サイシャット族の博物館があります。
原住民文化を知りたければ、こちらをおすすめします。

0 件のコメント:

コメントを投稿