2015年12月28日月曜日

台湾の神社を巡る③ 鹿野神社(台東縣)

台東にも最近再建された神社があります。

仙台台湾朋友会がお届けする、シリーズ「台湾の神社を巡る」。

今回は、台東県の鹿野というところに最近再建された、鹿野神社です。



台東駅から台湾好行バスの縦谷鹿野線に乗って、崑慈堂で降ります。

台湾好行バス時刻表はこちら →  http://www.taiwantrip.com.tw/Besttour/Info/?id=17

バス停から鳥居が見えますよ。



左に見えるのは廟で、
廟には龍田文物館という資料館が併設されています。



資料館内部の様子です。



日本統治時代、この地は開拓村だったようです。
神社の隣には共同風呂があったんですね。



神社に行ってみましょう。きれいな建物です。







鹿野という地域は、こんな景色が綺麗なところです。




卑南文化公園にも行ってみましょう!

台湾好行バスで鹿野へ行く際、卑南文化公園を通ります。
時間があったらこちらも見学してみましょう。
大昔の卑南人の遺跡が残っています。



公園内には博物館もあります。



昔の卑南人は抜歯の習慣があったそうです。
銅像が生々しいですね。



こんな櫓が復元されていました。



ちなみに、文化公園の博物館に展示されている卑南人は、
現在台湾の原住民として認定されている卑南族(プユマ族)とは異なる人たちです。



シリーズ「台湾の神社を巡る」、今回で最終回です。
と言っても、台湾にはまだまだたくさんの神社跡が残っていますので、
興味がある方はぜひ各地の神社跡に足を運んでみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿