2016年1月22日金曜日

『多謝台灣!』交流活動最終報告

2015年10月~2016年1月にかけて台湾で行われた交流活動

「多謝台灣!」の仙台台湾朋友会です。
当会では、まもなく震災から5年になることをうけて、
多大な支援をしてくれた台湾に感謝を示す活動を、台湾で行ってきました。
合計22日間の活動は以下の通りです。


①2015/10/29 台南駅
②2015/10/30 台南駅
③2015/11/16 台中インターコンチネンタル野球場
④2016/01/01 屏東駅
⑤2016/01/02 屏東駅
⑥2016/01/03 屏東駅
⑦2016/01/04 屏東駅
⑧2016/01/05 屏東駅
⑨2016/01/06 屏東駅
⑩2016/01/07 屏東駅
⑪2016/01/08 屏東駅
⑫2016/01/09 屏東駅
⑬2016/01/10 屏東駅
⑭2016/01/11 屏東駅
⑮2016/01/12 屏東駅
⑯2016/01/13 屏東駅
⑰2016/01/14 屏東駅
⑱2016/01/15 屏東駅
⑲2016/01/16 屏東駅
⑳2016/01/17 屏東駅
㉑2016/01/18 屏東駅・台南駅・ブルーペイント
㉒2016/01/19 台南公園・台中駅


活動は簡単で、「多謝台灣!」のボードを持って立っているだけです。
笑顔で通行人の顔を見ながら、目が合えば会釈したり、ありがとうを言います。
話しかけてくる人がいれば対応します。
活動時間は1回あたり1時間~2時間で、
長時間立っていると腰が痛くなるので、このくらいの時間が適切かと思います。

最初の頃は、話しかけてきてくれる人も1人か2人くらいでしたが、
回数を重ねるごとに増えていきました。
同様に、写真を撮っていく人も増えていきました。
多いときは、1日で20人くらいと写真を撮ったと思います。

不思議なもので、
活動は当会FBページで告知する以外は、特に宣伝はしませんでしたが、
活動も後半に差し掛かると、多くの台湾のみなさんにシェアしてもらえるようになり、
情報が拡散していきました。
そして、なんと最後の最後に、『臺週刊』というメディアに取り上げられてしまいました!






フリーハグとか感謝を示す活動をしている日本人がたくさんいる中で、当会が取り上げられたことは幸運であったとしかいいようがありません。誰かどこかで見てくれていた人がいたのでしょう。感謝しています。
メディアの投稿に寄せられているコメントを見ると、慰安婦や尖閣のことを持ち出して日本を批判する台湾人も少しはいますが、多くの方々からは好意的なコメントをいただいています。特に、「台湾は四川地震で中国に多額の支援をしているのに、中国人は感謝を示すようなことをしたか??」という論調が目立ちますね。中国人と比較されることは本意ではないですが、比較されることによって日本へ好感を持つ人が増えれば、かなり国益につながりますね。最初は小さな行動でも、続けていけば大きな流れを生み出すことができるかもしれない。そんなことを身をもって感じました。




活動をしていると、たくさんの方が「ガンバッテ!」と差し入れをもってきてくれます。
これは大変ありがたいことでした。
一番嬉しかったのは手紙です。「活動を見たら、自分の悩みがちっぽけなことに思えて元気が出た」という内容が書かれていました。これは嬉しいですね。






ところで、
差し入れをしてくれた人や写真を撮ってくれた人には、お返しとして、
ハートのロウソクをプレゼントしていました。
ロウソクはあっという間になくなってしまいましたが、台湾の方々には大変喜ばれました。
これらのロウソクは、宮城県川崎町立川崎中学校特別支援学級のみなさんに製作をお願いしました。素敵なロウソクありがとうございました!




活動を振り返ると、
1月に入ってからは1日も休むことなく、毎日活動をし、台湾滞在を終えることができました。
また、当会以外にも台湾に感謝を示す活動をしている人たちはたくさんいることを知りました。
日本と台湾は国交こそありませんが、お互いに感謝しあえる素晴らしい関係にあります。
政権も変わりますので、今後この関係をより発展させることができたらいいと思います。

最後に、台湾での交流活動でお会いした全ての方々に感謝申し上げ、活動のご報告とさせていただきます。ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿