2016年5月13日金曜日

維新客家文物館と貓貍山公園

維新客家文物館で昔の苗栗を知る。


苗栗市内の復興路に維新客家文物館という資料館があります。
維新というのは地名で、明治維新などの維新とは違います。
観光案内図などには載っていますが、観光ルートからは外れています。
南苗から徒歩10分ほどですので、意外と近いですよ。
それで、早速足を延ばしてみたのですが・・・



資料館は閉まっていて中へ入れませんでした。
しかし、資料館の庭には自由に入れました。

庭には昔の苗栗の様子がわかるパネルが飾られています。
1950年代の苗栗には、まだ日本家屋がたくさん残っていたのでしょう。
1960年代の貓狸山公園にはまだ神社が残っていたようですね。





では現在の貓貍山公園は?

現在の貓山公園には神社はなく、忠烈祠になっています。




しかし、公園内には明治時代に築かれたトンネル『功維敘隧道』が残っています。
中を歩いて山の向こう側へ行くことができます。
トンネル内はライトアップされていてきれいです。
観光客もたくさん来ていますよ。ぜひお越しください!





0 件のコメント:

コメントを投稿