2016年12月2日金曜日

台湾高座会、ひとつの歴史に幕

台湾高座会第30回大会が開催されました。

台湾大好きのみなさんは、高座会というものをご存知ですか?
2016年11月26日に台中市で開催された台湾高座会の30回大会を見る機会がありました。

戦前、神奈川県の高座地区にあった高座海軍工廠では、
大勢の台湾出身の少年工たちが働きながら勉強していました。
かつての少年工たちは、高座を第二の故郷と思い戦後も交流を続けてきました。
そのかつての少年工たちの集まりが、高座会です。
台湾各地や日本からの参加者もあり、大変にぎやかな会でした。




戦後永らく日台交流を続けてきた会として、総統・元総統からも祝電が届いていました。




参加者の平均年齢も80代後半となった今、
台湾高座会は、30回大会を節目として、
このような形で会を開くのは今回で最後にする方針だそうです。
ひとつの歴史の幕が下りましたが、
今後は若返りを図り、違った形で日台交流を続けていくのだとか。



元少年工のみなさんが最後に記念撮影をしていました。


0 件のコメント:

コメントを投稿